« 優勝! | トップページ | レイソルユース進路 »

天皇杯感想

「タイトル取ったって言いますけど、そんな簡単なことじゃないです」

日立台での祝勝会で、ヨンハ兄様が残したコメントですが(正確な言葉ではないですが、ニュアンスはこんな感じ)、まさにこの通りだと思います。

天皇杯優勝とACL出場を勝ち取るために臨んだ天皇杯、レイソルU-18、ベルマーレ、横河、アルディージャ、マリノス、そしてガンバ。全て現地観戦でしたが、熊谷での試合の前半に漂った絶望感を乗り越えた強さを感じました。

 

決勝を簡単に振り返ってみます。

レイソルのビルドアップの起点の中心であるドゥが負傷欠場、前線でボールを収められる工藤が出場停止。

基本的にドゥがいない試合というのは最終ラインからの組み立てが上手くいかず、前線にボールが供給できずに押し込まれることがほとんど。今シーズン、ドゥ不在で自分たちのペースでゲームを作れた試合は、ACLのホーム全北戦とリーグでのホームガンバ戦くらいしか思い出せません。あとは、苦しんだ試合展開だったかと思います。

ホームのガンバ戦は、2列目の工藤とバラにボールが収まって起点となり、ジョルジとネットとの関係が非常に良かったので、かなり優位に試合を進められました。(ネットが交代で下がってから試合の流れが変わってしまいましたが) しかし、今回の決勝では工藤不在、バラもボランチ。

かなり詰んだ状況だったので、防戦一方になるという大方の予想通りの展開に。

水野を中で使うというかなり博打的な采配でしたが、これは正直大失敗。水野のところでボールは収まらず、拾えず。全体が押し下げられてガンバの攻撃を受け続ける形。

ネルシーニョがさっさと水野をセンターに入れたシステムを諦め、前半30分頃に水野に代えて順也を入れたことで、前線で後ろからのロングボールにしっかりと競り合うことができる選手が澤と順也の2枚となり、セカンドボールが拾うシーンが出てきました。

少し流れが変わったように感じた直後、澤のシュートがガンバのGK武田に弾かれ、コーナーキック。そのCKでジョルジのボールをナベがヘディングで合わせて先制点。完璧な形。頭に当たる直前に入ることを確信したくらい素晴らしいボールと飛び込みでした。どうでもいい話ですが、2011年に武田がGKの試合で4-0で買ってるので相性いい気はしてました。

一瞬変わった流れを逃さず決めたあと、また流れはガンバへ。順也はあまりボールを効果的に収められるわけではないので全体を押し上げることはできず、それ以上に、収めるところまでボールを運ぶビルドアップが組み立てられないという問題も。

ただ、順也投入以降はレイソルが崩されてのピンチはほとんど無かったはず。後半ラストの家長の空振りくらいでしょうか。後半のレアンドロのシュートは崩されたというよりはワタルの目測の見誤りだったので。崩されなかった要因としては、

1つ目は、先制したことでやることがはっきりし、きれいな守備の2ラインが作れていたこと。4-4の守備ラインは先制した後はほとんど崩れることなく保つことができたことが最も大きなポイントだと思います。

2つ目は、そのラインを崩すような動きがガンバになかったこと。先制するまではそれなりに個の力を中心にいろいろな工夫がありましたが、先制してからはラインを崩すために効果的な動きをされることが僅かしか見られませんでした。レイソルとしては、終盤までバランスを崩して(もしくはリスクを冒して)攻められることがなかったので、対応しやすかったという面もあるでしょう。

3つ目は、順也と澤の前線2枚の相手に対する守備が効果的だったこと。センターバックからボランチを経由して組み立てる攻撃を思い通りさせない守備が構築できていました。競るところは競る、プレスをかける位置、縦パスを制限するポジショニング、と。

また、交代枠は残したままでした。水野を代えてしまい、順也を出したたので、攻撃のカードは山中しかベンチに残っていない状況。タニくんが左肩を痛めるアクシデントでクリに交代。ということで、延長戦もある状況で3枚目として切れるカードはありませんでした。守備組織はしっかり作れていたので、いじる必要も特にあったわけではないでしょう。

もう少し後半分厚い攻撃ができれば、というところはあったとは思いますが、カップ戦の決勝というところで、リスクを最小限にして勝ちを狙った戦い方だったと思います。普段攻守の切り替えを早くするためにレアンドロはあまり人につかないポジショニングですが、この試合では藤春を中心にしっかり相手についていましたし。

レイソルサポはもちろん、他サポの方でも守備ラインをどうやって崩すのかというところを見るとなかなか楽しめた試合になったのではないかと思います。

 

話は最初に戻りますが、祝勝会でのヨンハのコメント、そして「2位もビリも一緒」というスゲのコメント。天皇杯優勝とACL出場決定の2つをしっかり掴むことができて本当によかった。ヨンハと水野がカップを掲げたシーン、強く印象に残っています。

工藤の登場が吉田選手と完全に被ってしまったり、公式にあるスタンドバックの写真に私もしっかり入っていたり、もう点取ってもユニを脱がない宣言を祝勝会で工藤がしたり、ドゥの目の付近が腫れてて痛そうだったり、出場資格が無いながら最後まで一緒に練習していた小林秋野木村の高校生3人も写真に入ったり、祝勝会で秋山さんがノリノリだったり、というか祝勝会開始が30分以上遅くなってグダグダだったり。

去年のリーグ戦のあともそうでしたが、自前のホームスタジアムがあるおかげで、他の会場で優勝が決まった後でも祝勝会がホームスタジアムである日立台でできるということ。何より1月1日から日立台で過ごせるということがレイソルサポーターとして感慨深いことだと感じました。

印象に残った言葉(記憶便りなので正確性には欠けますが)。ヨンハ「他のチームからだと表だって応援はできないですけど、これからもレイソルを応援してます。もし次のチームが決まらなければゴール裏で裸で応援します」 水野「いい応援歌作ってくれたのに1年で終わらせてしまってすみません。相手チームの選手として日立台でゴール決めます。次のチームでも応援してくれ…とはいいませんけど、あいつ頑張ってんな―と思ってくれるように頑張ります」

 

最後に。

レフェリー予想外しましたので(予想:主審東城副審相樂八木四審飯田 正解:主審吉田寿副審相樂八木四審木村)、言い訳します。

天皇杯決勝は国際審判で構成されることが通例なので、主審の予想候補は家本西村東城高山でしたが、クォーターファイナルでレイソルを担当した西村、今年度のナビスコ決勝を担当した家本、プロフェッショナルレフェリーではない高山の3名ではなく、昨年度のナビスコ決勝を担当した東城と予想しましたが…。まさか吉田寿光とは…。もう今年で50歳になるため、引退前の晴舞台をということだと思います。衰え激しくなってからではこういう舞台に立てないので。

副審は国際副審で順当に2名を選びました。副審は評価が高いほうがメイン側になるので、メイン側(A1)バック側(A2)は予想しやすいです。ここは外しようがないと思っていたので正解でした。

そして四審もこれまた国際主審ではない木村。おそらく木村は来年度辺りに国際審判に登録する予定でしょう。当初は年下でレフェリーカレッジの後輩でもある山本の方が評価が高かったと想像しますが、近年の担当試合を見ると木村のほうが今では評価が高くなっているように感じます。

|

« 優勝! | トップページ | レイソルユース進路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優勝! | トップページ | レイソルユース進路 »