« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

残り僅か

気がつけばあっという間でしたね。

| | コメント (1)

ガンバ戦

1得点目

ネットの裏へのスルーパスをバラが受けてから切り返してすぐに右足で左からクロス。中で工藤が頭で合わせる。

前3人の関係が非常によかったシーンをしっかりと得点に結びつけることが出来たシーン。色々な評価はあるだろうけれど、ジョルジを含めたこの4選手のバランスはかなり評価できると私は思ってます。

 

1失点目

武井の右サイド深い位置からの低い弾道の長いパスをレアンドロが触ってゴール。

武井のスルーパスを、那須は裏の増嶋がレアンドロについていると思ってか後ろの増嶋に任せ、増嶋は前にいる那須が足を出すことを期待して那須に任せ、菅野は前に出られず。連携ミスというか、それ以前というか。あれを足出してクリアできないセンターバックってどうなのよ。

 

2得点目

バラからオーバーラップしていたタニへくさび、そこで受けたタニが溜めてから左に散らしてワタルがダイレクトでクロス。ファーで工藤が蹴り込んでゴール。

このゴールの何がいいって、どうしても中に2枚しか入れないことが多いレイソルだけれど、クロスをワタルが蹴ったときに中に工藤ネットバラの3人がいたこと。

タニが武井と岩下の間にオーバーラップしてバラがそこに出したことで、武井と岩下を釣り出すことに成功、武井のスペースにワタルが走り込む。少し時間を戻してバラがパスを出したときにネットも藤春と今野の間に位置していたときに今野がマークを外していた(距離を置いていた)ので藤春も中に絞らなければならないのでネットにそのまま藤春が付いていった。

ワタルがダイレクトでクロスを上げる瞬間、ニアに走り込んだバラにセンターバック2枚、真ん中にいたネットに藤春。そのため一連の流れでずっと大外にずっといた工藤は藤春が中に絞っているのでフリー状態。あえて中に入らずフリーのポジショニングをとり続けたことで、そこにワタルのクロスが入ってダイレクトでシュート。今野が最初にネットへの対応をしていればこういう守備対応はされなかったとはいえ、それぞれの選手のポジショニングとスペースへの走り込みが全て上手くかみ合って崩すことができたきれいなゴール。

 

2失点目

今野のドリブルからのスルーパスに増嶋が反応してスライディング。が、なぜかスライディングを空振って受けたレアンドロが渡部も交わしてゴール。

ナベの対応も軽いとは言われるだろうけれど、レアンドロが縦に行けばあれで対応できただろうし、切り替えされない程度の飛び込みなら縦に行かれて打たれただろうし、スライディングでボールを刈るのが一番いい方法だったとは思うけど足にかかればPKだし、という感じ。ナベに関しては、ナベが入ってから空中戦は安定したから、守りきれたら良い実績になったと思った。この失点はそれより、あれでスライディング空振ってしまうセンターバックってどうなのよ。

| | コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »