« 久しぶりのリーグ戦勝利。 | トップページ | ガンバ戦 »

大宮戦感想

・1失点目

ハンジンのクリアミス。相手の位置を確認していない状況でDFが内側にボールを置いてクリアするなんていう素人みたいなミスを目の前で見ることになるとは思わなかった。体を外に入れた瞬間に「はぁ?」、と。すぐ近い場所で見ていただけに。ハンジンは呆然として立ち尽くしていたけれど、結局この後も気持ちは切り替えることはできなかったな、と。

・2失点目

ハンジンの対応が遅れ、そこから裏に出たパスを決められる。まっすぅが相手のFWに付いてくことでラインを大きく上げたが、那須がなぜか押し上げずに突っ立っていたのでオフサイドも取れず。

・3失点目

タニくんの対応ミス。簡単に飛び込んであっさり交わされる。これもまぁ正直お話にならないレベルのミス。

・4失点目

これはもうしょうがない。

 

前半は悪くなかったと思うけれど、なぜ後半開始から福井と澤を下げてネットと水野を入れたのか、理解できなかった。ハンジンのミスと那須のミスという個人の単純なミスがあっただけで、試合はしっかりと運ぶことが出来ていただけに、なぜそのバランスを崩したのか。

前半は福井とワグネルのところから何度か崩しかけたり、福井の長いサイドチェンジやクロスボールというところが攻撃の起点となっていたが、その攻撃パターンを削り、さらにはジョルジをサイドバックにしたことでセンターバックとボランチがカバーをする必要が生じてずれることで全体のバランスが不安定に。

それだけでなくジョルジと澤が前線からいなくなったことで、ボールを受ける動きが激減したことでスペースを作り出せず、結果的にネットに向けて放り込むロングボール頼みになった。菊池(と河本)のハイボールへの強さを考えれば明らかに意味もなく、そもそも左サイドを中心にバランスを崩しているためにセカンドボールを拾えるわけもなく。

あとはネットの使い方だな。どうみてもポストプレーヤーではない。ハイボール強いわけでもくさびのボールを受けるのが上手いわけでもない。ただ前向いてボールを持ったときはパスにしろシュートにしろ怖さはあるので、ワントップに張らせるのはいい加減勘弁して欲しい。それとロングボールをネットめがけて何本も蹴るのも止めて欲しい。

不満はあるにせよくさびのボールを受けられるのは工藤しかいない現状では工藤をワントップにして、ネットとジョルジと澤(レアンドロ)で前線を作るのが一番機能するんじゃないかな、と。夏場に工藤とネットを2人並べていたときはなかなか点が取れず勝てなかったけれども、もう少しあの形で試行錯誤してもよかったのでは。東京戦の後半はかなり押し込むことが出来たし、仙台戦は引き分けではあるけれど内容はそれなりだった。磐田戦は近藤の退場というアクシデントがあったため、あまり参考にはならないかと。結局そこで止めてしまった。

福井のサイドバックは良かったな。今までの何試合かを見る限りセンターバックで試して欲しいと思っていたけれど、サイドバックで十分やれることが分かった。だからこそ90分通してどこまで出来るのかというのは見たかったし、その価値はあったように思う。

 

そんな感じですかね。

次回の更新は…!?

|

« 久しぶりのリーグ戦勝利。 | トップページ | ガンバ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのリーグ戦勝利。 | トップページ | ガンバ戦 »