« 8月不調 | トップページ | 大宮戦感想 »

久しぶりのリーグ戦勝利。

8月未勝利という状況でようやくリーグ戦で勝ち点3。

色々な意味で負けられない相手に3-1で勝利。難しい試合ではありました。

 

タニくんの久しぶりのゴール、チャンスで外しまくったけれどゴールのシーンは素晴らしかった工藤、ネットの粘りにサイド押し込んだ順也。藤田と和が積極的に前線に絡むことでチャンスを作り続けました。もっと点が入って然るべきシーンがあったことは事実ですが、とりあえずは勝利という結果を手にしたことを良いきっかけにして欲しいですね。

 

以下雑感。

 

コンサドーレは、最終ラインからのビルドアップを苦手としていること、そしてレイソルのくさびのボールへの対応が甘いという、攻守における欠点を上手くレイソルは利用できた。

攻撃の起点がハモン経由のパス出ししかないので、ハモンのところをケアすることでバイタルで崩されルこと無く試合を進めた。石崎監督が攻撃の起点となるポイントを作らず、個の力をアクセントに活かしてくる形はレイソル時代と同じ。

上原を活かすボール(最終ラインからのロングボール)は単純な戦略だけれど、これはレイソルにとってはあまり楽ではない対応だったはずで、事実ここを起点にされて失点。試合を通して大半の時間を足下での繋ぎやハモンを経由する繋ぎに拘り続けてくれたことでレイソルの守りはかなりやりやすかったのではないか。

レイソルのくさびのボールへの対応の甘さはレイソルの先制点のシーンがよく表している。ジョルジが縦にパスを出し、受けた工藤がターンして裏に抜けたタニくんへパス。くさびのボールが入ったときの対応が甘いので、レイソルがバイタルでボールを持てる。工藤がいつも以上にボールを受けることが出来たのもここがポイントに。

バイタルでボールが収まるので、サイドバックが高い位置を取れることに繋がった。それだけでなく、コンサドーレボランチがバイタル(とサイド)のケアのために低いポジショニングになることで全体が下がり気味になり、レイソルのボランチも押し上げることに成功。

後半コンサドーレは3バックにしてくるものの、バイタルでの対応が甘いことは変わらないためサイドバックの後ろにスペースが出来やすい5バックのような形になり、ここを右サイドバックの藤田と左サイドバックの和が前半以上に執拗に狙い続けることが出来たことが収穫。

ただレイソルは去年(一昨年)からの課題である逆サイドのケアとセットプレーでの二次攻撃の対応にはまだ危うさが。逆サイドのケアは去年からサイドバックが見るのか、ボランチが見るのか、センターバックが見るのか、それぞれの状況に応じて最善の判断をしなければならないのだが、誰もつかずに空けてしまうことが多い。この試合でも2度ほど危険なピンチがあった。セットプレーでのこぼれ球の対応も基本的にはこれと問題は同じこと。ゾーン守備のため、逆サイドの裏への飛び出しと、逆サイドからの中に入る動きへの対応への不安は払拭できず。

今日のようにゲームを支配しながら試合を進めることが出来るか、特にサイドバックが効果的に高い位置を取ることが出来るかが、今後の試合において特に大切に。次節は鳥栖。コンサドーレとは違い、バイタルでのチェックが厳しい相手なので、くさびのボールを受けた選手を2列目3列目がどれだけすぐにサポートできるか、そしてその選手から上手く使われるポジショニングをサイドバックが取れるかが重要。

|

« 8月不調 | トップページ | 大宮戦感想 »

コメント

えーと、ここまでこと細かい分析は『雑感』とは言わないし。w
流石、おいらのような高卒の凡人とは違う。
えー、浦議にもありますが、二人目の子供が生まれました。
末は柏レイソルから、バルセロナに移籍か?(馬鹿親)

投稿: 倍満@柏 | 2012年9月21日 (金) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月不調 | トップページ | 大宮戦感想 »